【おすすめ記事11選】インナーチャイルド

        

私のブログの中でも、特に読んでいただきたい

インナーチャイルド関連の記事を紹介します。

 

 私のブログは主に

 ◎子育てのなやみ  ◎インナーチャイルド  ◎自分らしい生き方

 

について、私自身の人生や子育て体験をもとに書いています。

 

1.  今日からさっそくはじめよう「心という名のおうち」のお手入れ

  

あなたにとって理想の家族ってなんでしょう?

子どもって「モノ」を与えてあげると、すぐに満たされるので、

とても喜びます。

けれども、大人になってからより強く覚えているのは

「ココロ」を満たされた記憶。

 

人は「モノの充足」より、「ココロの充足」をよく覚えているものです。

 

2.  まずは、イライラの下にある「きもち」に気づくことから

 

怒りたくて怒る人はいません。

誰だって、素直でいたいし、笑っていたいもの。

でも気持ちの奥がそうさせてくれないときがあります。

 

本当の気持ちに気づくと、一瞬痛いけど、

どこかでホッとするんじゃないのかな。 

 

3.  子育てがしんどくなる 本当の理由

 

子どもはかわいいし、愛情を感じるのに

ぐずったりベタベタ甘えてこられたりすると

ものすごくしんどくなる・・・。

 

その気持ちは、間違いではありません。

わが子のせいでも、自分のいたらなさのせいでもないんです。

 

理由はもっと別のところにありました。

 

4.  夫のことが愛せなくなるのはなぜ

 

子どもが生まれて夫婦仲が変わる、ということは、

珍しいことではありません。

 

ある調査では、 

最後の出産から2年以内に離婚する夫婦は、離婚全体の3割にものぼります。

離婚にいたらなくても、

「子どものために」お互いがまんして家族を続けている夫婦はたくさんいます。

 

結婚した時は、そんな日がくるなんて考えもしなかったのに、

どうして愛情がなくなってしまうのか。

 

それを回避する方法があることを知ってほしいと思います。

 

 5.  かわいげのない年寄りにだけはなりたくない

 

インナーチャイルドは、たしかに気にはなるけど

今そんなに困っていないし、とりあえずほっておく・・・

って人がほとんどでしょう。

 

ただ、チャイルドは放置すればするほど、あなたの中で扱いづらい存在になります。

 

6.  子どもの【 サイレントSOS 】を見逃さないためにも

 

どんな深刻な問題も、最初の兆候は、かすかなサインだったはず。

その時に気づいていれば、傷は深くなかったかもしれない、ということが

多々あります。

 

とかく子育ての問題は「よくあること」で見過ごされがち。

今、親まっただなかの方は、一度、立ち止まっていただきたいなと

痛切に思います。

 

7.  子どもの中のインナーチャイルド予備軍

 

どんな小さな子どもの中にも、インナーチャイルド予備軍がいます。

うまく対処してあげると、インナーチャイルドがてごわく育ちません。

 

 【インナーチャイルド判定シートをプレゼントしています】

お子さんの個性を活かし、なおかつのびのびと育ててあげられるようになります。

ぜひご活用くださいね。

 

 8.  私だけは私の味方でいてあげよう

 

私もかつて、

【インナーチャイルド】とか【アダルトチルドレン】とか、こわくて

 活字すら直視できなかったことがあります。

 

ここでは気持ちの受け止め方について書いてあります。

シンプルですが。見落としがちなこと。

最初はここから始めてみましょう。 

 

9.  感情豊かなママの子どもは感情豊かに育つ

 

お母さんが自分の気持ちを包み隠さずみせてくれると

子どもはどこかホッとするものです。

 

お母さんががまんしている姿は子どもだって見たくないですから。

お母さんが、自分の感情をしっかりと受け止められるようになると

子どもも自分の気持ちにOKの出せる、心の広い子に育ちますよ。

 

10. 本当の自分を受け入れることは勇気がいる

 

どうでもいい相手なら、きっとこんなにまで

いらだちを感じることはないでしょう。

家族にイライラしてしまうのは、あなたにとって「大切な存在」だからこそ。

 

そのことを勇気をもって、受け入れた時、大きな大きな変容が起こるでしょう。

 

11. これまでの人生で一番濃い1年を過ごした人のお話

 

ここまで書いてきたことを

一年かけて行動に移してこられた方のお話を書いています。

 

一年と聞いて、どう感じますか? 

長いですか? 私はあっという間でした。

今日は、これから残りの人生で一番若い日。

あなたはこれからの一年をどんなふうに過ごしますか?