子どもの心によりそうセラピー

 

ふれさせない、抱っこを嫌がる

おっぱいを飲まない

のけぞって泣く、手を繋いでくれない

かじる、たたく、人の嫌がることばかりする

夜泣き、だだこね、後追い、人見知りが激しい

 

などなど

 

自分の時間を削り、

お母さんなりに精いっぱいしているつもりなのに

心が折れるような場面が

子育て中にはたびたび起こりますね。

育て方がわるかったのだろうかと、

自分を責めるお母さん、

あなたのせいではありません。

 

逆に

手のかからないいい子、おとなしい子、

ずっとひとりで遊んでいる など

一見何の問題もなさそうな子もいます。

 

ぎゃあぎゃあの子も、おとなしい子も

心の中は、

お母さんにわかってほしい気持ちでいっぱいです。

 

けれども、上手く伝えられなかったり、

途中でさえぎられてしまったり、

わかってもらえない体験が積み重なります。

 

やがて、子どもはどうにかして伝えようとして

派手なアクションを起こします。

それが問題行動の原因です。

 

こんな子どもの姿に、お母さんは心を痛めてきたでしょう。

自分の子育てを責めてきたでしょう。

けれども、お母さんはなにも悪くありません。

 

 

問題行動の裏には、

「わかってほしい気持ち」が隠れています。

 

お母さんはそれに気づかないまま対応をしてしまっていただけ。

気持ちがすれ違っていただけなのです。

 

セラピーでは、

子どもの「ほんとはね・・・」の気持ちを、

セラピストが引き出していきます。

 

ため込んでいた気持ちを伝えられると、

心がゆるみほぐれていきます。

そのプロセスをとおして、

お母さん自身にも深い癒しが起こります。

 

心のすれ違いが解消され、

子どもとの距離が縮まっていく感覚を体験します。

 

ママとの心のすれ違いが解けると、

その子がもともと持っていた

素直さ、純真さ、やさしさ、笑顔、自立心などが戻ってきます。

 

お母さんは子どもの変わりように

びっくりすることでしょう。

胎児期や出生前後のストレス体験(バーストラウマ)を癒し、

親と子、ともに大きな気づきと変容をもたらします。

 

心が通じ合い、絆が深まっていく素晴らしいセラピーです。

 

セラピーを受けると、以下のような効果があります

☆お子さん

・問題行動が減った・夜泣きが少なくなった・自分の気持ちを表現できるようになった

・おっぱいの長飲みがなくなった・友達と仲良く遊べるようになった

・体調がよくなった・情緒が安定してきた など

 

☆お母さんお父さん

・子育てにおける罪悪感が解放された・子どもがいとおしく思えるようになった

・子どもが泣いても落ち着いて対処できるようになった・子どもへの声のかけ方が変わった

・子どもがなついてくるようになった・子どもと仲良くなれたような気がする

・自分のインナーチャイルドに気づけた ・私の感情も安定してきた など…

 

※効果には個人差があります。回数や間隔に関しては、セラピストとご相談ください。

 

解決プログラムへ戻る>>