行きしぶりの原因 ~ママとはなれたくない

「ママとはなれたくない」から、行きたくない、お家にいたい

ママと離れることが不安なのですね。そういったことも、行きしぶりの原因になります。

登園の時にこの世の別れか、というほど大泣きする場合もそうです。

その原因と対処法を探ってみましょう。

 

子どもが母親と離れる時に不安を示すことを

「分離不安」と言います。

 

「後追い」も分離不安のひとつです。

後追いは、8カ月頃から始まり、2歳ころまでには消失すると言われています。

しかし、それは「消失」ではなく「潜伏」と言った方が的確かもしれません。

 

後追いは、生まれて間もない頃にママと離れてしまったことが原因です。

 ※参考「後追いがひどい その原因は?」

成長の経過とともに後追いが消えても、

ママに拒否された、見捨てられた、という感覚が消えたわけではありません。

 

「母親と離れる」状況で、その感覚が揺さぶられて出てきます。

 

この世の終わりかというほど泣く、のは

赤ちゃんの頃、母と離れたのが「この世の終わり」のように感じたからです。

 

このあたりが理解できないと、根本的な解決はできません。

保育園・幼稚園に慣れて、分離不安が治まっても

成長過程で、何かのきっかけでまた表出してくるからです。

 

行きたくない、と子どもが言ったら

まずその気持ちを否定せずに寄り添ってあげましょう。

 ※参考「行きしぶり ~ママの対応」

 

子どもが心を開き、「ママとはなれたくない」と伝えてきたら

ママも伝えましょう。

 ※参考「後追いに対処する」

 

離れても、ママとつながっていることを伝えましょう。

 

「離れてもつながっている」という信頼感は大切です。

この感覚が育っていないと

一生にわたって、「誰かとつながっていないと不安」に感じます。

 

「行きしぶり」に限らず

子どもの問題行動は、「解決したい!」というメッセージです。

 

やり過ごさず、抑え込まず

子どもの気持ちをうまく引き出し、寄り添ってみてくださいね。