行きしぶりの原因 ~ママをきょうだいに取られる

下にきょうだいが生まれた時、きょうだいに看病が必要になった時など

子どもは自分が登園することで、きょうだいにママをとられてしまうと思ってしまいます。

自分がじゃま者扱いされているのではないか、

ママはきょうだいのものになってしまうのではないか、

その不安から行き渋ることがあります。

 

登園する前に、短い時間でいいので 子どもの二人の時間をもちましょう。

特別なことをする必要はなく、子どもに集中します。

赤ちゃんが泣いて呼んでも、「少し待ってね」と伝えて

スマホが鳴ってもおいておいて、子どもとの時間を尊重します。

「あなたのことを見ているよ」ということが実感できると、子どもは安心します。

 

 あなたのことがじゃまで登園するんじゃないんだよ

 離れていても、ママはあなたのことを考えているよ

 帰って来たら、一緒に過ごそうね

 

「登園しても、この家に私の居場所はある」ということを

子どもが感じられると落ち着きます。

 

また、帰って来たら、子どもに集中する時間をつくりましょう。

スマホをおいて、その子と正面を向き合って

その子に居場所を感じさせてあげましょう。