「泣かせてはダメだ」から「泣いてもいい」子育てへ

赤ちゃんを泣かせてはいけない(心のキズになる)

泣いている赤ちゃんを放っておいてはいけない

赤ちゃんにこちらの言い分が通じるわけがない

 

はい、すべて「まちがい」です。本当のことを知って、「つらい」子育てを卒業しましょう。

 

赤ちゃんが泣くと、つらくなりますね。いてもたってもいられなくなります。

夫は「はやく、泣き止ませろよ」なんて、私をなんだと思っているんだ。

 

とにかく、はやく泣き止ませよう。泣き止んでくれたらなんでもいい。

 

おじいちゃん、おばあちゃんもそうですね。

潜在的に泣かれたくない想いがあるので、ついつい甘やかしてしまいます。

 

一方の赤ちゃんはどう思っているんでしょう。

 

赤ちゃんはちゃんと意志をもって泣いています。

おっぱいやうんちといったことだけでなく、

ママにわかってほしい想いがあって「泣き声」で伝えています。

 

けれども、ママには伝わりません。

ママは赤ちゃんの気持ちをわかろうと接するのではなく

「泣かないでほしい」というママの想いで接してきます。

 

ママはわかってくれない。

ママはわたしの気持ちをさえぎる。

わたしのことを見ているようで、見てくれていない。

 

そんなふうに、思うんですね。

 

そのうち、学習します。

 

「泣けば言うこと聞いてくれる」と。

 

実際に、ヒプノセラピーで

「お母さんの気を引くために泣いた」

「大人の反応を見ておもしろがっっていた」

という記憶のあった方がいらっしゃいます。

 

ママの赤ちゃんを泣かせてはいけない、という罪悪感の陰で

赤ちゃんは

大人をうごかすことなんて簡単だ、ということを学んでしまうのです。

 

そんな赤ちゃんが大人になったら、どうなるでしょう。

大変ですね。

 

では赤ちゃんがないと時にどう対応すればいいか考えましょう。

 

まず、赤ちゃんは泣かせていい、と理解しましょう。

 

赤ちゃんに限らず「泣く」というのは、感情の表現です。

 

子どもはうまく言葉で表現できない想いを、「泣く」というかたちで発散します。

ですから、発散しきるとひとりでに泣き止みます。

 

大人がこの発散プロセスを止めてしまいますね。

おっぱいやおやつで口をふさいだり、「泣くな」と叱ったり。

 

そうすると、子どもの中に 発散しきれなかった想いが残ります。

成長しても大人になっても、その想いがしこりのように残ってしまいます。

 

しこりが残るとつらいですね。

ことあるごとにうずいて、チクチク責めてきますね。

 

ですから、赤ちゃんの泣くのを止めないでください。

ママはつらいと思いますが、腹をくくって泣かせてください。

 

公共の場では、車の中に戻るなどして、

子どもの泣くプロセスを止めないようにしましょう。

 

泣きたいきもちがあるんだね

わかってほしいんだね

泣いてもだいじょうぶだよ

 

声をかけながら、けががないよう 見守ります。

この時ママの感情は激しく反応するので

赤ちゃんを泣かせながら、ママは自分の気持ちと向き合うようにしましょう。

 ※参考 「育児ストレス~わたしをゆるしてストレスを逃す」

 

そうやって、赤ちゃんの泣き方を見ることができるようになると

「あれ、今、大人の反応を見ているな」というケースに気づくかもしれません。

あるいは、家事や用事をするために、相手をできないこともあります。

 

その時は、赤ちゃんに

今、ママは相手ができないから一人で泣いていてね

用事がすんだらくるから、それまで待っていてね

と伝えて、自分を優先しましょう。

 

声をかけてから離れることで

「ママにはママの都合がある」ということと「待つ」ということを学習できます。

 

ママが自分の感情を片付けること

赤ちゃんの泣くプロセスを尊重すること

この二つを実践すると、ママと赤ちゃん二人の感情が相乗効果で癒されていきます。

 

そして、

赤ちゃんが泣くことに罪悪感がなくなると、

子どものわがままに、愛をもって毅然と対応できるようになります。