上の子を愛せない

赤ちゃんが生まれると、急に上の子がわずらわしく感じるようになるママは意外に多いですね。

あんなにかわいかったのに、

下の子が生まれたとたん、急に大きな子どもに見えてしまい、

赤ちゃん返りしてべたべた寄ってくると、触れられることさえ嫌悪感を感じます。

上の子にしこりを残さない子育てを考えてみましょう。

 

赤ちゃんが生まれたというだけで、わたしはなにも変わっていないのに

ママはどうしてわたしを遠ざけるの??

 

子どもからしてみたら、ママの変わりようが理解できません。

 

頭ではわかっているのに、上の子が受け入れられないというママ。

あなたのきょうだい関係はどのようになっていますか?

 

第一子だったママは、下のきょうだいが生まれる経験をしています。

ママもきょうだいのことで たくさん がまんしてきたのですね。

その時の、自分が家族の中で置き去りにされたような感情が、ザワザワとよみがえります。

 

上の子を見ていると、あの時の自分を見ているようで、つい払いのけたくなるのかしれません。

 

上にきょうだいがいたママは、また違う視点で上の子を見ています。

ママ自身が赤ちゃんだった頃、兄姉に嫌なことをされました。

叩かれる、押される、敵意を向けられる・・・。

 

その時の、気持ちがよみがえってきて

わけもなく上の子に対して腹立たしく感じるのかもしれません。

 

しかし、それはママの過去の感情の再現であって、上の子に罪はありません。

 

きょうだいの誕生とともに母から拒否された、という記憶は

子どもの心の奥に入り込み、人生においてあらゆる場面で足を引っ張ります。

 

小さいうちに、そのしこりを溶かして自己愛を育めるようにしてあげることが

「子どもへの一番のプレゼント」であると思います。

 

上の子へのわだかまりを感じる時は

ママ自身の小さい頃の記憶をたどって、その感情を癒してあげましょう。

 

ママが第一子なら、

きょうだいに母をとられた時の感情、きょうだいへの感情などを

丁寧に感じてみてください。

第一子は、責任感が強く、感情をがまんするタイプが多いので

時間をかけて、じっくり感情を引き出してください。

 

ママが、妹の場合、兄姉への感情、母への感情を感じてみましょう。

いつも二番手・三番手だったことへの恨み、越えられない兄姉の壁、

出てくる感情をそのまま感じましょう。

 

その時に、思いもよらない汚い感情、みっともない感情が出てきても、

否定せず抵抗せず そのまま受け入れて感じましょう。

自分を責めることはありません。

その感情を嫌って、避けて、見ないようにするから、上の子が許せなく感じるのです。

 

感情を感じてそのしこりが溶けてしまえば、上の子に対するわだかまりも徐々に変化します。

 

一度にわだかまりが溶けることはないかもしれません。

その時は、心の中に「感情の居場所」をつくるイメージをしてみましょう。

 

これまでは、

見たくない感情にフタをして隠して、心の中に居場所を作ってあげていませんでしたね。

ですから苦しいし、その感情をわざわざ刺激するようなことが起こっていました。

 

ママが心に「感情の居場所」を作ってあげると、

徐々にですが、「許せる」ことが増えていきます。

 

子どもたちも夫も、家庭の中に居場所のなさを感じることがなくなってきます。