赤ちゃんに泣かれるのがつらい ~ ママの気持ちを癒す

赤ちゃんの泣き声が大好きな人はいないでしょう。

赤ちゃんが泣くと、周りの大人たちは心の奥がゾワゾワ反応して、いてもたってもいられなくなります。

 

「泣かせるな」「早く泣きやませろ」って、男の人も敏感に反応しますね。

そんなふうに言われて なおのこと、ママ自身もはやく何とかしなきゃ、という気持ちにかられます。

いくらあやしてもダメ。なにやってもダメ。

言ってもわからないと思いながら、つい怒鳴って、後で自己嫌悪。

とりあえず、口 ふさいどこうって おっぱいやおしゃぶりを与えます。

 

「子どもが泣いたらママの仕事」

赤ちゃんが泣くと、ママも泣きたくなります。

 

赤ちゃんの泣き声って、どうしてこんなにママの気持ちをかき乱すのでしょう。

 

ママが赤ちゃんだった頃、小さな子どもだった頃

がまんした想いがたくさんありました。

わかってほしかったのに、尊重されたかったのに、それはかないませんでした。

 

子ども心に傷ついた経験を、心の奥にフタをしてしまっているのです。

 

赤ちゃんの泣き声は、このフタをこわす勢いでたたくのです。

赤ちゃんに遠慮はありませんね、ストレートに泣いて感情をぶつけてきます。

それが周囲の大人の心の奥のフタを、ドンドンと容赦なくたたくのです。

 

思い出したくない記憶、触れられたくない感情が、

コントロールを失って出てきそうになります。

 

それを必死に抑えようとするからつらくなります。

怒鳴ってやりたくなります。たたいてやりたくなります。

おっぱいで口をふさごうとします。

 

抑えきれない人は、暴力で泣き声を止めようとします。

 

赤ちゃんに泣かれるとどんな感情が出てきますか?

 

一度、じっくり感じて、書き出してみてください。

責められているように感じる

媚びを売っているように感じる

かまってちゃんに見える

不憫、かわいそうに感じる

母親失格に感じる

がまんしないで すぐに泣いてずるい・許せない

何か要求されているように感じる

甘えてくる感じにイライラする

 

泣き声を聞いても、感じ方は人それぞれ。

どう感じるか、というところに

あなたがフタをしている感情が見え隠れしています。

 

泣くのをがまんさせられた人は、

簡単に泣いてしまう赤ちゃんを許せないと感じます。

 

涙を見せることで許してもらってきた人は、

媚びを売っているように感じます。

 

そんなふうに、赤ちゃんの泣き声を通して

自分の中にどんな感情があるか観察してみてください。

 

赤ちゃんの泣き声で自分の心の中の感情スイッチが押されるんだ、

ということに気づけば

その感情に対処することで、赤ちゃんの泣き声に必要以上に振り回されることがなります。

 

やってみてください。