人生の課題は「母との関係」に凝縮されている

あなたは何のために生まれてきたと思っていますか?

あなたが生きてここに存在し、この文を読んでいる意味は何だと思いますか?

 私は人生について、スピリチュアルな考え方をとっています。

人は何度も生まれ変わりながら成熟していく、という考え方です。

 

人は肉体が滅びても、その本体である魂は新しい肉体へと生まれ変わります。

その時、過去の人生のデータは魂の中に履歴として残り、

次の人生へと反映されます。

 

それぞれの魂には、特徴(アーキタイプ)があり特有の課題(魂のクセ)を持っています。

課題は、人生のいたるところに反映されており、

それを乗り越えること・やり遂げること、その先に新しい人生を創造していくこと、

そのために生まれ、人生を送っているのが あなたです。

 

では、過去世から引き継がれた魂の履歴や課題は、

どのように現実に現れるのでしょうか。
 

この世に誕生するときに、子宮と産道を通して
今生の心とからだに焼き付けられます。

それが、バーストラウマ。

バーストラウマは、この人生における課題の青写真といえます。

魂の課題、それが反映されたバーストラウマ、
そこから展開される人生の悲喜こもごも

私たちは、それを克服するために生きているともいえます。

しかし、このバーストラウマの影響をもろに受けて
傷つき、自分に価値が感じられず、成長を止めてしまっている心の部分、
それを「インナーチャイルド」と呼んでいます。

あなたがこれまでにどんな過去世を送っていようと

今生における人生は、母体から生まれることで始まりました。

 

あなたの人生は「母の意識と肉体」を通り抜けることで

始まったのです。


ですから、今生において あなたを悩ませるモロモロのことは、
行き着く先はすべて、母との関係にその根っこがあるのです。

 

魂にどんな課題があろうと、

この人生の中でこの現実の中でほどいていくことが大切なのです。

 

スピリチュアルにみられる 曖昧な精神論や現実離れしたメッセージを

いかに現実の中におろして、取り組んでいくか。

 

そのことをこれからお伝えしていこうと思います。