夫が、パタニティ・ブルー、産後うつになったら

妊娠・出産をきっかけに、夫婦の関係は変わります。

 

 夫が私に無関心になった気がする

 感情的に当たるようになった

 甘えてくるようになった

 妊娠中であるのに いたわってくれない など

こんなはずではなかった、ということも多々起こります。夫婦危機に発展させないために、できることを考えてみましょう。

 

心の深いところで、男性は「母性的なもの」を求めています。

つまり、

甘えたい、守ってもらいたい、お世話されたい、という欲求を持っています。

 

妻が妊娠すると、妻は本能的に胎児の方へと意識を向けます。

この時に、夫もまた本能的に感じるのですね、妻の意識から自分がそれていくことを。

 この時に、心の奥では 言いようのないさびしさ、疎外感を感じています。

 

妊娠によって徐々にからだが変化していく女性にくらべて、

男性は「父親」としての実感を得にくいのですが、

妻や周囲からは、当然のように「夫として妻を支えるという役割」を期待されます。 

 

外から求められるものと、内側で感じることがかみ合わず

心がちぐはぐになってしまうのですね。

 

そんな心の状態が続くと、

いつしか心はフリーズし、うつのような状態になってしまいます。

 

心の奥にあるさびしさや疎外感、母性を求める気持ちが強い人、

自分に求められる役割を果たそうと努める人、

こういった男性は、妻の妊娠をきっかけとして、

心身に変調をきたしやすいと言えるかもしれません。

 

妊娠中のママは、自分のこと、おなかの子のこと、家族のことで大変です。

それでも、すこしパパのことを理解してあげて下さい。

 

夫の心の中には、こんな気持ちがあるんだ、ということ。

「寂しい」とか「守ってほしい」とか聞くと、夫に頼りなさを感じるかもしれませんが、

夫も子育てを通して父として成長していくのだということ。

 

あなたが時間をかけて母になっていくように、夫にも成長する時間を与えてあげて下さい。

ちょっとした言葉かけ、子どもをはさまない2人の時間、など

あなたにできることを実践してみてください。